zc33sのエアクリーナーはブリッツ純正交換タイプがおすすめ!

※本サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
スイフトスポーツ

スイフトスポーツ(zc33s)を納車して何かチューニングをしたい!

そこで何を変えようか色々考えた中の一つに「エアクリーナー」が候補にあがってきませんか?

社外エアクリーナーに交換することによって

・吸気効率をアップさせてエンジンパワーを向上させる

・吸気音が聞こえてきてレーシーなサウンドになる

・キノコ型だとエンジンルームのドレスアップになる

こういったメリットを手軽に取り入れることが可能となるパーツです。

私も色々な車に乗ってきましたが、社外エアクリに交換しなかったことはないので、スイスポも交換することにしました。

しかし、今回は違います!

何が違うのかというと「むき出しタイプ(キノコ型)のエアクリではなく純正交換タイプのエアクリにした」ということです!

そこで、今回交換した商品は

BLITZ SUS POWER AIR FILTER LM(純正交換タイプ)ブリッツサスパワーエアフィルター

になります。

なぜこのエアクリーナーにしたのか?本記事では

  • むき出しタイプ(キノコ型)にしなかった理由
  • ブリッツサスパワーを選んだ理由
  • 交換して感じたこと
  • 純正エアクリ交換方法

こちらの解説をしていきます。

一応補足しておきますが、今回の意見は私個人の考えなので「むき出しタイプを完全否定」しているわけではありません。

むしろ今まではむき出しタイプにしか交換しなかったので、純正交換タイプは私も初めての経験です。

私はこういった考えで純正交換タイプにしたよという記事なので、あくまで参考程度にお願いします。

では解説していきましょう。

スポンサーリンク

むき出しタイプ(キノコ型)にしなかった理由

HKS公式サイト参照

むき出しタイプにすると様々なメリットがあります。

吸気抵抗が減り、吸入面積も増え、アクセルONで十分な空気が吸えるからパワーを出しやすい

製品によってはアクセルONでかなり吸気音が聞こえてくるのでレーシーな感覚がある

エンジンルーム内のドレスアップになるので見た目がかっこいい

こういったメリットがあるのになぜ純正交換タイプにしたのか?

答えはただ一つ

デメリットがデカすぎる

これに尽きます。

ではそのデメリットを紹介します。

  1. 熱対策をしないとエンジンルーム内の熱気を吸うので逆にパワーダウンになる
  2. しっかりとしたECUの現車セッティングをしなければパワーアップに繋がらない
  3. 純正フィルターより細かい塵を吸いやすくなる

こういったデメリットがメリットを上回ったので純正交換タイプにしました。

ではそれぞれのデメリットの詳細を解説します。

①熱対策をしないとエンジンルーム内の熱気を吸うので逆にパワーダウンになる

むき出しタイプにしなかった理由の大部分がこの原因となります。

ネット上でも色々書かれていますが、実際知人の車がこういった簡単にできるライトチューンをしていてダイナパックで馬力を調べてみるとしっかりパワーダウンしていました。

最近では遮熱板をセットで販売している商品もありますが、いくら遮熱板があっても結局エンジンルーム内の熱気はあるのであまり意味がないのではと考えています。

ボンネットをダクト付きにしてフロントの開口部を大きくしてエンジンルーム内の排熱効率をよくして、ホースなどでエアクリの近くまで新鮮な空気を送れるのであれば話は変わってくるでしょうが、そこまでコストをかけてすることではないと思いました。(サーキットを走らないので)

熱対策をできないならデメリットが大きいのでむき出しタイプにしなかったということですね。

②しっかりとしたECUの現車セッティングをしなければパワーアップに繋がらない

メリットで紹介した「十分な空気が吸えるからパワーを出しやすい」なんですが、エアクリを交換したあとに燃調などの調整も含めてECUの現車セッティングをした場合の話なので、ECUがノーマルならむき出しにしてもそこまでパワーが上がることはありません。

なので吸入面積増えてパワーアップと単純な話でもないので気をつけましょう。

③純正フィルターより細かい塵を吸いやすくなる

純正フィルターはボックスに囲まれていますが、むき出しタイプはその名の通りエンジンルーム内にむき出しです。

そのため色んなゴミやより細かい塵を吸いやすくなる可能性が高くなります。

それによってエンジンにダメージがいったり、エアフロセンサーが壊れる原因にもなります。

他にも塵を吸いやすくなることでフィルターが汚れるのが早くなります。

スポンジタイプなら交換、オールステンメッシュなら取り外して洗浄とメンテナンスの手間もコストもかかるので、そういったデメリットも気にしておく必要があります。

ブリッツサスパワーを選んだ理由

さて、ここまでむき出しタイプのデメリットを色々言ってきたので、みなさんも純正交換タイプにしたくなってきたのではないでしょうか?

純正交換タイプも各メーカーが製品化しているので選ぶのに悩みますよね。

そこで私がブリッツサスパワーを選んだ理由を話しましょう。

大きな理由としてこの2つがあります。

  1. 今までブリッツのエアクリを使用してきた経歴があり、信頼を得ている
  2. 大手ネットショッピングでの取り扱いがあり、安く購入できる

単純な話ではあるのでしょうが、やはりこれが大きな理由となります。

①今までブリッツのエアクリを使用してきた経歴があり、信頼を得ている

ブリッツのエアクリは昔から各車種での取り扱いがあります。

私が今まで乗ってきた車のほとんどをブリッツのエアクリに変えてきました。

そう、リピートするほどブリッツのエアクリは製品として大満足しているのです。

製品としての完成度や性能面でもやはりブリッツは良く出来ていると思います。

こういった過去の経歴もあり、ブリッツへの信頼があるからこそ選んだということですね。

②大手ネットショッピングでの取り扱いがあり、安く購入できる

各メーカーが製品化していてネットショップでの購入が可能となっています。

しかし、メーカーによっては自社ECサイトでの購入しかできないものもあります。

そうなると、会員登録や住所の入力、支払いのための手続きが大変ですよね。

ブリッツの製品はみなさんが普段利用している大手ネットショッピングで購入することができます!

ゆえに、いつも通りポチッと押すと購入することができますね。

また大手ネットショッピングだとポイント還元とかも充実しているので、結果安く購入することができます。

余談ですが、私は普段楽天カードを利用しています。

楽天カードがどれほどお得なのか記事にまとめていますので、気になる方はこちらをご覧ください。

【年会費無料】クレジットカードは楽天カードを全力でオススメする理由7選!

実際ちょっとしたことではありますが、少しでも安くチューニングすることによって、他のパーツも購入したり、車を維持するランニングコストにも充てることができるので、安く購入することに損はないと思います。

交換して感じたこと

では実際ブリッツのエアクリに交換してどうだったのか?

こちらの解説をしたいと思います。

結論から申し上げますと

  • アクセルレスポンスとブーストの立ち上がりがよくなったかな?
  • 音楽を無音にすると吸気音と排気音が微かに聞こえるかな?

ぐらいです!

期待外れの結論かもしれませんが、実際純正交換タイプのエアクリはこんなもんですよ。

むき出しタイプにすれば吸気音と排気音はもっと聞こえてくるでしょうが、純正交換タイプは耳をすませばレベルです。

アクセルレスポンスとブーストの立ち上がりに関しても交換したというプラシーボ効果も大きいのかもしれません。

とにもかくにも、交換したことによって劇的な変化を感じることはできません。

しかし、こういった小さなチューニングで微かに音が聞こえたりプラシーボ効果を感じることもスイフトスポーツを乗るうえでの楽しさなのではないでしょうか!

なので、私は交換したことに不満を感じるどころか、むしろ大満足しています。

スズキ純正エアフィルターも汚れてきたら交換しなくてはいけない時がくるので、そういったときはディーラーで純正に交換してもらうのではなく、ブリッツのエアクリに交換してみてはいかがでしょうか?

純正エアクリ交換方法

交換してみたいけど、難しいんじゃないの?

そう思っている方もいるのではないでしょうか?

そういった方に交換方法を教えたいと思います。

画像と文章なので伝えるのが難しいのですが、なるべくわかりやすく解説しますのでよろしくお願いします。

交換手順

①まずは写真の赤枠で囲ってあるエンジンカバーを外します。

エンジンカバーの手前側を持ち上げるようにすると簡単に外れます。

②次にAのホースがボックスに刺さっているので、引き抜きます。

Bの金具を各矢印の方向に倒して外します。

そうするとCのボックスが外れます。

Cのボックスは奥に爪のようなもので固定されているので矢印のように手前に引いてから持ち上げると外せます。(下画像参照)

サクションパイプを外していないと完全には外せないので、フィルターが交換できる隙間が出来ればOKです。

③画像が横になってて見にくくてすみません。

赤枠で囲っているのが②で言っていた奥側の爪になります。

こう見ると解りやすいですかね。

フィルターは車の正面から見て右側に寄っているような向き(画像参照)でセットします。

あとはボックスの爪をはめるようにして元に戻していきます。

ボックスの金具と最初に抜いたホースも忘れずに!

最後にエンジンカバーを戻したら作業終了です。

簡単ですよね。工具もいらないので機械が苦手な素人でも交換できるので、ぜひ試してみてください。

最後に

いかがでしょうか?

各メーカーが出しているエアクリにそこまで性能の差があるとは思いませんので、私はコスパや見た目を考えてブリッツのエアクリをおすすめしたいと思います。(エアクリボックスに入っているので見た目は開けるまで分かりません)笑

交換作業も素人でもできる簡単な作業ですので、自分で車をチューニングしたという喜びや楽しさも実感しつつ、充実したカーライフを送っていきましょう!

下記に商品リンクを貼っておきますので、もしよろしければ購入してみてください。

他にもスイフトスポーツ(zc33s)のおすすめパーツを紹介していますので、ぜひこちらもご覧ください。

【まとめ】スイフトスポーツ(zc33s)おすすめパーツを紹介!

コメント

タイトルとURLをコピーしました